相続の問題なら法律のプロである弁護士に相談|ぱぱっと解決パパカイ

事例を見る

法律的に一番身近に感じる紛争の一つが、遺産相続でしょう。
親族同士で骨肉の争いとなる、といったシーンは、ドラマなどでもよく描写されます。
昨日まで仲が良かった家族が、肉親の死を境にバラバラになる、というのは何とも悲しいことです。
こうしたことは、被相続人に不幸が起こる前に、相続人とよく話し合い、後で揉めないよう、あらかじめ遺産相続の割合などをきちんと決めておくことです。
その過程においては、遺言など法律的な知識が必要となりますので、プロのアドバイスやサポートが不可欠となります。
弁護士法律事務所では、遺産相続を得意分野として扱っているところが多くあります。
トラブルを予防するためにも、早めに相談しておくことをおすすめします。

遺産相続に関する弁護士への相談は、年々増えています。
その背景として、核家族化などによる家族関係の希薄化、少子高齢化、人々の権利意識が上がったこと、などが挙げられます。
こうしたことから、以前は円満に内々で解決できていたようなケースでも、少しの行き違いから、関係が修復不能なまでの問題に発展してしまうことが少なくありません。
実際に、法廷にまで持ち込まれることもあり、ここで解決できたとしても、お互い多大な労力を要しますし、その後もしこりが残ってしまいやすくなります。
そこで、最悪の事態を前もって回避しよう、という考えが普及しつつあります。
今後は、被相続人の生前に遺言対策などで、弁護士への相談を行うケースは、ますます増えていくことでしょう。